スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お葬式続きで思う事

めちゃ久々のブログになってしまいましたw
先週末、旦那さんの御祖母様が亡くなって、その後知人のご主人が亡くなって・・・・とケロ子一家はお葬式続きでした。

知人のお葬式はキリスト教式でした。
我が家はクリスチャンファミリーですが、私も主人も育ちは仏教なわけで。
実際告別式まで参加したのは初めてでした。

で、正直、感動したのです。
もちろん、ご遺族、参列者とも悲しみも深く、私自身も突然の訃報にびっくり。知人と話すととてもつらかったのです。
しかし、キリスト教の式(ルーテル教会)と仏教の式では大きく違う事がたくさんあります。

まず、式の最中、3~4曲賛美歌を歌います。曲も決して暗いものではなく、個人の思い出の曲であったり、
結婚式で一般の方もよく歌う、「いつくしみ深き 友なるイエスは~」であったり。

そして、飾られているお花や献花で使われる花はユリがベースではありますが、ピンクや赤の花もたくさんありました。

なにより最大の違いは、出棺のとき。
牧師が聖書を朗読しながら先頭を歩き、喪主が遺影を持って歩き、最後に棺がくるわけですが、その時参列者は
「また会う時まで~」と賛美歌を歌います。

仏教のお葬式ではシーンと静まり返った式場で、100日かけて極楽へ行く険しい道のりを歩む死者。
道に迷わないようにお通夜からお線香を絶やさないようにします。(寝れないから最近では葬儀屋さんのオプションで消えない線香もあるんですねw)
キリスト教ではお迎えが来てすでに天国にいるわけです。また会うときまでのしばしの別れ。

宗教は個人の自由ですから、故人と家族が望むお葬式が出来ればそれでいいと思います。

私は自分が死ぬ時、歌に囲まれて「またね」と見送ってもらうんだ、と初めて目で見てなんだか嬉しくなりました。

いま話題の「終活」
これって、お年を召された方だけのものではないと思うんですよね。
明日の自分なんて誰にもわからないし、若い人でも将来の自分を見据えて、「○歳の時にこうなっていたいから
今これを頑張ろう」というライフプランでもあるわけです。

「また会う日まで」
後悔しないように、恥ずかしくないように日々生きて行こうと前向きになれた葬儀でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しばらく更新されてなかったので
どうしたのかな?と思っていましたが

お辛い日々を過ごされたのですね

終活私もしてるよ
順番は守って親を見送ってからにしたいとは思いますが
ほんと何が起こるかわからない

自分の人生の事とか
残った人たちへのメッセージとかいろいろ考えます

「またね」はいい言葉ですねv-10

No title

私も、キリスト教式の葬儀に出席したことがないよ。
でも、そんな感じなんだね。
なんか、亡くなることがどうの・・・というのとは別に
お別れの仕方が素敵だなと思いました。

私も少しまえに、主人方の祖母が急になくなって
(すごく元気だったのに急に・・・)
バタバタでした。

葬儀は大人も大変だけれど、子供も大変だよね。
主人方の祖母は、我が家の子供たちも入れて
ひ孫が13人いるので、子供たちの世話も大変でした・・・
でも、にぎやかに見送れたことは、おばあちゃんも喜んでるかな?と
思ったりもしました。

Re: No title

りょうちゃん
ほんと、バタバタしてましたw
まだまだ子どもも小さいし、他人事だったけど、なんかしっかり子どもを育てなきゃ!!って思いました。
ちゃんと立派な大人にしないとねv-356

Re: No title

chaly
ひ孫13人!!すごいな~!! 主人のおばあちゃんも97歳でした。
親族の式ならまだいいんだけど、知り合いの式とかだと子連れって行きにくいよね;;
自分の行っている教会の人の式だったから、にいちゃんなんて途中寝てたけど、皆様あたたかくて助かりました;;
ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

ケロ子

Author:ケロ子
ケロ子です(。・ω・)ノ゙ 小児科で働きつつワンパク盛りな息子2人の育児に奮闘中!!
2013.9.30こちらで子育て奮闘記Ⅱ開始しました!

最新記事
最新コメント
ランキング応援お願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
楽天市場
プレミアムバンダイ
カテゴリ
お友達リンク集
げん玉&忍者
忍者AdMax
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。